10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

イチゴのパブロヴァ

2013/04/16
001+(42)_convert_20130416110403!.jpg

今日も良いお天気ですね。

やらなければいけない事があるのに、お菓子ばかり作っています。

現実逃避?

いえいえ、イチゴの季節が終わる前に食べておきたいのです。

イチゴのパブロヴァ。

メレンゲに生クリームとイチゴを乗せたイギリスの夏の定番のお菓子です。

日本とはベリー類の旬が少しずれているイギリスでは、

夏になるとイチゴやラズベリーなど色々なベリーを使ったお菓子が登場します。

その中でも私が一番好きだったのが、このパブロヴァです。

土台となるメレンゲを焼いておけば、何時でも食べられるので常備していました(笑)。

パブロヴァの作り方を教えてくれたのは、私の英語の先生でした。

彼女は、メレンゲをねっとり焼くのがおいしいわ…と言いましたが、

私はサクッとした食感が好みでなので、いつも少しレシピを変えて作っています。

また、イチゴと合わせる生クリームにも変わった物を混ぜていました。

「ジンジャー・イン・シロップ」

そのままですが、イギリスではシロップ漬けにされた生姜がどこのスーパーでも売っています。

そのシロップと生姜も細かく刻んで生クリームに混ぜるのです。

これがまた本当に合うのです。

今日は使い終わって無かったので、入れてませんが…。 残念!

でも、美味しく頂きました。

イチゴが出回っている間にいっぱい食べないと…。



スポンサーサイト
11:23 英国家庭菓子 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。